エクセルを使えば名刺作成もだんぜんラクラク

エクセルを使うと名刺作成が自分でも作れるのでお勧めですよ。実は、名刺管理などでエクセルを活用なさっている方も多いと思うのですが、名刺作成をすることができます。エクセルを起動して、ファイルページ設定の余白で用紙設定をして、A1に好きな文字フォントや大きさやレイアウトで名刺を一個作成したら、後は、コピー&ペーストで増やすだけ。趣味のサークルなどの名刺作成だったら、コレで十分かもしれません。以外と、ほそぼそとした企業でも名刺作成をご自身でなさる方もいらっしゃるのも事実になります。どうにもうまくいかない場合は、マクロを作業で動かす必要があります。マクロをいじるタイプは、フリーソフトなどで多いのも実情です。用紙でちょっとお金がかかるので、業者に頼まれるのも良い方法ではあります。

ソフトを使うとラクそうに思われている点

エクセルユーザーから言わせると、ワードで作った方が、名刺作成はやりやすいのではないかという意見が多いです。ワードアートなども入れられるので、名刺が作りやすいという印象があるみたいです。ところで、Excelで作る際なのですが、ごちゃごちゃ言わずに、テンプレートを利用して作るという方法があります。これがシンプルでやりやすい方法になりますが、何故かバレンタインカードと変わらないサイズなのが、名刺の大きさになります。ということは、バレンタインカードを活用すれば、ホワイトデーで義理チョコのお返しが大変な方も、メッセージ付きで返すことができます。また、本命にバレンタインカードを渡す方も、Excelでかなりの計算を入れておいた方が良いことを示唆されているような気がしますね。

テンプレートの活用についてですが

確かに、バレンタインカードしかないと、何だか違和感があるのも事実ですが、歴史上の人物のイラストで遊んで単語カードづくりをすることもできます。これは意外な活用方法かもしれません。名刺サイズのカードには色々と活用する方法があるのも事実になりますね。Excelやワードを使って、進捗状況を管理することができます。スケジュール管理などもかなり使いやすいテンプレートもあります。自分でテンプレートを我慢強く作る必要はあんまりないのも実情です。ちなみに、ラベルを売っているメーカーで作られているフリーソフトは良いのですが、印刷の際にずれてしまうことが少なくないので、必ず、テストプリントをするなど、結構面倒くさい作業があります。でも、Excelを使った後、キレイに紙を切れるかどうかも問題になります。