より魅力的な名刺作成をエクセルがサポート

マイクロソフト社のエクセルというアプリケーションは、高度な表を作ってグラフを生成したり統計処理を行ない、しかもそれらをお高度なレイアウト機能を用いてプレゼンテーションするに足る、ビジネスには欠かせないアイテムです。そのため仕事でもプライベートでも大いに役に立ち、広く普及しています。ここではそのレイアウト機能を用いて、プライベートで用いる名刺を作ってみようとする人のために、基本的なアイディアや政策のためのコツについて記述します。印刷会社に依頼すれば比較的安価ですぐに作ってもらえるのですが、アイディアを持ちデザインに興味がある方であれば、誰でも簡単に作ることができます。自由な発想で、美しくセンスの良い名刺作成をしてみることにしましょう。

まずはフリーハンドで自由に名刺作成をしましょう。

エクセルを起動して最初から作るのももちろん良いですが、最初は大きな紙にフリーハンドで描いてみて、構想を練ることをお勧めします。まず名刺に何を盛り込みたいか、これをはっきりさせます。趣味仲間に配布することを前提に考えると、氏名・住所・電話番号・ファックス番号・運営しているウェブサイトのURL・電子メールアドレスは最低限必要になってきます。その他にはイラストや写真があるとぐっとクオリティが上がります。イラストはエクセルの描画機能で十分なことができるはずです。印刷してみれば分かる通り名刺は面積が小さいのでさほどの解像度は不要ですし、Adobe社のIllustratorやPhotshopなどで作成しても持て余すことになるのではないでしょうか。今回作成する名刺のために必要なイラストであれば、エクセルの描画機能で十分です。

構想が決まったらエクセルで名刺作成に着手します。

いよいよ名刺作成に着手します。最初にエクセルを立ち上げて、用紙設定をします。名刺は文房具店などで販売されている横2×縦5の10枚面付けのものを使用しますので、用紙設定はA4サイズ縦型とします。次にシート全体を選択し、セルの幅を0.7程度に縮小します。するとセルの高さと幅がほぼ一致し、正方形がびっしり並ぶ方眼紙状の様相になります。次にA列1行目を起点に名刺1枚分のスペースを確保、そして盛り込みたい要素が打ち込めるように、適宜セルを縦横方向に連結してスペースを作りましょう。そしてタイピングします。次にイラストや写真を用意します。既存のものを使うのであればデスクトップに置き、シート上に挿入します。既存のものがないのならエクセルの描画機能で作成します。画像データは大きさと位置を調整し、上手くスペースに収めるようにします。これで1枚目が完成しますので、残り9枚分はコピーペーストで完了です。