エクセルがあなたらしい名刺作成をお手伝い

一般的に名刺を作成する場合は業者へ依頼することが多いでしょう。しかしその場合はもちろん費用がかかります。もし、エクセルを使うことができるパソコンとプリンターがあるのであれば、名刺用の用紙を用意するだけで作ることが出来てしまいます。また、自分自身で好きなように作ることができますので、自分らしい納得の出来る名刺作成が可能となります。自分で印刷する点とカットもしなければならない点はやや面倒ではありますが、コストを抑えて自由な名刺を作ることができるのは魅力的です。特に自営業やフリーランスでお仕事をしている人は、お仕事内容に合わせて印象的な名刺を作ることで覚えてもらいやすくなったりなど仕事の幅も広がるかもしれません。作り方は簡単ですので、チャレンジしてみましょう。

エクセルで名刺を作成する手順を簡単に説明

エクセルで名刺作成する場合の手順を簡単に説明します。まず、エクセルを立ち上げます。起動したらまずは印刷設定を行います。名刺用の用紙サイズに合わせて設定します。一般的にはA4サイズが多いかと思います。次にテンプレートの設定をします。実はエクセルには名刺作成にぴったりなサイズのテンプレートがあります。設定方法は「新規作成」クリックし、「カード」を選んでクリックします。最後に「バレンタインカード」を選び設定します。A4サイズの中に10面のテンプレートが出来上がります。次に一番左上にあたるA1のセルに名刺に記載したい内容を入力していきます。その際、ただ直接入力すると思ったようなデザインになりませんので、ロゴやイラストなどを使いましょう。パソコンに保存しているものも読み込むことができます。

基本の名刺サイズと便利なエクセル管理

A1に作成した名刺をすべてのセルにコピーして貼り付をして完成です。印刷してカットしましょう。必要枚数が多い場合は少し大変ですが、その分コストを抑えることができる点は大きなメリットです。また、一般的な名刺サイズは55ミリ×91ミリと決まっています。ビジネス用の名刺もこの基準に該当します。エクセルで作成する場合は、セルの幅を約42.38ピクセル、高さを約156ピクセルで設定すると一般的な名刺サイズとなります。しかし、縦書きの名刺を作成する場合には、同じマイクロソフト社のWordのほうが適しています。イメージする名刺デザインに合わせて使い分けをすると良いでしょう。エクセルは名刺を作成するだけでなく、管理することもできます。頂いた名刺をファイルに入れて保管するのが基本ですが、データとして保管することで必要な情報をすぐに確認することもできます。